料飲店がつなげる
一ノ蔵無鑑査に合うおつまみ

隠れ処 鳥ふじ隼 店主 加藤征也さんより
第五回:鶏のから揚げ

日本酒のふくよかな甘味、酸味、辛味を補うのが、おつまみの塩味です。しょうゆベースの漬けだれにじっくり1日漬けて、きつね色に揚げた鶏のから揚げが、よく合います。
職人肌だった先代の父を見て覚えた「鳥ふじ」定番のから揚げは、青森のにんにくと高知のしょうがの香りをきかせています。漬けだれがしみ込んだやわらかい肉質の「さつま地鶏」は、薄づきの衣でサクッと軽い口当たり。必ず完食される、定番のひと皿です。お酒は、やっぱりすっきりとした無鑑査辛口の冷酒でしょう。受け皿にあふれるほど、なみなみと注いだ冷酒とのマリアージュが楽しめます。
一ノ蔵との出会いは、旅先の松島で飲んだのがきっかけです。お酒にこだわった店にしたいと、「一ノ蔵日本酒大学」で酒の仕込み作業も体験しました。鳥ふじの隠れ家として14席の「隼(はやぶさ)」を2013年に開店。女性ひとりでお酒を楽しむお客さまが多いのは、看板娘の母がいる安心感のようです。

 

「鶏のから揚げ」450円(税込)×一ノ蔵無鑑査 辛口 冷酒

  •  
  •  

隠れ処 鳥ふじ隼

東京都品川区中延6-1?26
電話 03-6426-8441

http://www.torifuji.jp/

 

お通し代わりの「今日の母の逸品」は、母・久子さんお手製。久子さんのほっこり笑顔にくつろぎながら、
さつま地鶏の鶏料理、旬の海鮮、〆のごはんなどを、一枚板のヒノキのカウンターや掘りごたつ式の座敷で。

(新型コロナウイルス感染防止対策) 
※2021年4月23日時点の情報です。状況に応じて変更になる可能性があります。
店舗入り口に消毒液の設置、検温ご協力のお願い、換気、CO2モニターの設置、定期的な消毒、飛沫感染防止パーテーション完備など、感染防止対策に努めています。
※緊急事態宣言に伴う営業時間/詳しくはお問い合わせください。
※東京都の緊急事態宣言に伴い、2021年4月25日〜5月11日まで休業。

ページの先頭へ